プロフィール

プロフィール:斎藤美奈子(さいとう・みなこ)

|

斎藤美奈子(さいとう・みなこ)
  文芸評論家。
  1956年、新潟市生まれ。成城大学経済学部卒業。
  児童書等の編集者を経て、1994年に『妊娠小説』(ちくま文庫)でデビュー。
  朝日新聞書評委員や文芸時評を担当し、現在は同紙の紙面審議会委員。また、各紙誌で文芸評論や書評を執筆、文芸関係の賞の選考にもたずさわる。
  他の著書に『紅一点論』『趣味は読書。』『本の本』(ちくま文庫)、『読者は踊る』『あほらし屋の鐘が鳴る』『モダンガール論』『文壇アイドル論』『麗しき男性誌』『文学的商品学』『誤読日記』『それってどうなの主義』(文春文庫)、『戦下のレシピ』(岩波現代文庫)、『名作うしろ読み』(中公文庫)、『脱文学と超文学』『男女という制度』(編著、岩波書店)、『冠婚葬祭のひみつ』(岩波新書)、『L文学完全読本』(編著、マガジンハウス)、『物は言いよう』(平凡社)、『文芸誤報』(朝日新聞社)『たまには、時事ネタ』『ふたたび、時事ネタ』『名作うしろ読みプレミアム』(中央公論新社)、『月夜にランタン』『ニッポン沈没』(筑摩書房)などがある。
  2002年に『文章読本さん江』(ちくま文庫)で第一回小林秀雄賞受賞。

メールについて:斎藤美奈子宛

|

メールをお送り頂く際には以下のご協力をお願いいたします。

1.メールは必ずサブジェクト(件名)に「斎藤美奈子宛 **の件」と、宛名と内容をご明記ください。
2.仕事の依頼の場合は、依頼内容はできるだけ具体的にお願いいたします。

以上の内容を確認の上、tactplanning@nifty.comにお送りください。